UDON。

心と体に余裕のある日はうどんを打ちます。
パン屋のUDONです。

料理番組を見ていたら、
讃岐うどんを作っていて、

小麦、塩、水のシンプルな材料に麺棒。

「うちの材料で作れる!」

と安易な思いでやってみたところ
以外と美味しくできたんですよね。
今思えば最初はかなり太くばらつきもありましたが、、

小麦もうちで使っている物をいろいろ試し、
今は北海道の前田農産の小麦に落ち着きました。
パンでは脇役的な品種だけど、
うどんにすると最高なんですよ。
塩は伊豆大島の塩。
素材は一流
腕は三流。。

それ以来余裕があるときに作っていますが、
やはりパンもそうですが、
日々作ってないと良いものを作るのは難しいですね。
1週間も経てば気温も湿度も変わります。
パンは毎日触れていることでそこを少しずつ修正します。
たまにだと上手くはいかないです。

他のことをやることで、
大切なのは継続なんだな。
と改めて思います。

まぁ家族に喜んでもらうだけで、
自己満足の域なのでそれで良いんですけど。

今日も美味しかった〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です