秘伝レシピ?

5月も近づくと、
暑くなったり、寒くなったりと
日々の気温の変化に戸惑いますね、、
今日は1日雨が降ったり、止んだりと
肌寒い1日でしたでした。

こんな日は温かいスープとパンが、
体も気持ちも温めてくれます。。
今月のチラシに載せた妻の秘伝のレシピ!
もう試されましたか?

美味しいソーセージと野菜を煮る!
最後にEXバージンオリーブオイルで仕上げ+横にうちのパン。
以上!これが全てです。
お試しあれ~

春が来ました。

裏の田んぼに水が入り、カエルが一斉に鳴き始めました。

春です。

こちらに帰ってきてからは季節の変化を、
木々や草花や空気や音で感じることができます。
都会では感じれなかった、田舎のこんなところが好きです。

パン屋にとっても季節の変わり目は大事です。
日々の気温、湿度の変化が大きい時期はとても神経を使います。。

そんな中、最近バケットがとてもいい感じです。
給水、粉の配合、ミキシング、発酵、、、色々なタイミングがあってます。

今はうまくいってるけど、季節の変化とともに
自然とぶれてくるのがパンの難しいとこであり楽しいとこですね。

明日もいいパン焼けますように~

日々、普通がいい

昨日は、子供達と公園で遊びました。

毎日せわしないけど、パンを焼き、
あたり前にみんなで普通に過ごせる、、
一番の幸せです。

この子達が大きくなってもそんな日常が
当たり前であってほしい。

明日、明後日が平和である日本の分岐点になるでしょう。

子供達が大人になったとき、普通に日々を送れて、
強制ではなく、自然と誇れる国になってほしい。

責任の取り方を知らないお偉いと思ってる先生方には
日本が負の連鎖を生み出す国にだけはしてほしくないですね。

毎日、普通にパン焼いて暮らしていきたいものです。

初めての北海道へ

今回の連休は、北海道行って、帰りに東京よってきました。

本別の小麦農家さんに会い、麦畑見せてもらい、色々とお話しさせて頂きました。

熱かった!!!

小麦に対する想いは、本当に熱かったです。
小麦に向き合い、自然の厳しさに向き合い、1年に1回しかこない収穫にすべてを掛け
『最高の小麦を作ってやる!』
という姿勢は勇ましかったです。

なんてたって毎年変わる自然が相手ですからねぇ~
本当厳しい仕事ですよね。

知識としては誰でも知ってる、
そんなことを日々向き合ってる農家さんから直接話しを聞けて、
改めて自然の厳しさを痛感したし、農業の大変さ、偉大さを教えられました。

『小麦は工業製品ではなく農産物だよ』

当たり前のことが忘れられている象徴的な言葉です。
大事にしなくてはいけませんね。

そんなことを心に刻みながら明日からパン焼きます!
精神論はあまり好きではないけど、これからのパンは美味しくなると思います!!

明日からは通常営業です。お待ちしてま~す。台風みたいだけど