POWA POWA

concept

18才の時、
それまで食パンや菓子パン、惣菜パンなど
いわゆる日本的なパンしか知らなかった私は
初めて美味しいバゲットと出会いました。

日本の主食であるお米のように 小麦もまた、
甘く、香ばしいものだと知り衝撃を受けました。

『小麦・酵母・塩・水』

それ以来これらの素材だけで生み出される

シンプルな食事パンに魅せられてきました。

こんな素朴で味わい深いパンを作り、広めたい。

これが私のパン作りの始まりであり、

今も変わらぬ思いです。

POWA POWAのパン

POWA POWAのパンは
朝ごはんだったり、夜ごはんだったりと
日々の食卓の片隅にいて
脇役らしくメインを引き立てたり、
箸休めになったり、
時には主役に躍り出たりと食事がより楽しいひと時になって欲しい。
そんな思いで作っています。

日々食べて欲しいパンだからこそ、
素材は良質な物であるべきと考えています。

昨今、日本は物流が良くなり物で溢れています。

いつでも欲しいものが手に入る便利さ。
効率やコストだけが優先される物作り。

しかし、
それは作り手の顔や季節感、食べることのありがたみなど
食の本質である大切なものを失ったように思います。

土地を想い、人を想い、持続可能な物づくり。

POWA POWAのパンは、
そんな大切なことを改めて教えてくれる材料を使い
日々考えながら、感じながら焼いています。

パンの素材

小麦粉、全粒粉、ライ麦粉、有機ふすまは作り手のわかる国産小麦。
(今は全て北海道産。主に十勝産)
クルミ、ドライフルーツはオーガニック。
砂糖は種子島産の粗糖。(白砂糖は一切使用しておりません)
塩は伊豆大島の天然塩。
酵母は自家製酵母(ルヴァン種)や有機イーストを主に使用。
卵は掛川の平飼い卵。
など、なるべく良質の素材を選び使用しております。

POWA POWA
パンの保存方法

◆数日中の場合

 

夏季は1〜2日・・・
冬季は2〜3日・・・
直射日光を避け、涼しいところでビニール袋に入れて保存して下さい。

◆長期保存の場合

まるごと冷凍
食べきれない場合は、お買い上げ当日にパンをラップで包み、
ジップロックなどのビニール袋に入れ、中の空気を抜いて冷蔵庫へ。

スライスして保存
お買い上げ当日にお召し上がりになるサイズにスライスして
できるだけ1枚ずつラップに包み、ジップロックなどのビニール袋に入れて中の空気を抜いて冷凍庫へ。
※ラップで包むのは乾燥防止のため。

◆美味しいパンの召し上がり方

当日お買い上げのパンはトースターで軽く温めていただくと
サクッとふんわりして歯切れよくなります。
翌日以降は、霧吹きで水分を与えてトースターで軽く温めていただくと
ふんわり香りよくお召し上がりいただけます。
※冷凍したパンは自然解凍してからなさって下さい。

ページトップへ